モラハラ姑の恐ろしい3つの特徴

モラハラ姑の恐ろしい3つの特徴

次男の嫁だけを差別する

兄弟がいる家では、長男の嫁ばかりをひいきし、次男の嫁を差別するモラハラ姑がいます。長男の嫁を褒め、次男の嫁には落ち度がないのに「あなたは至らないことが多い」と言ってくるなど、次男の嫁というだけで不条理と感じる女性は多いようです。
特に嫁差別は孫が生まれた時に起こりやすく、長男の孫はかわいがっても、次男の孫にはさほど関心を示さない、さらには「やっぱり長男の孫の方がかわいいわね」とあからさまに口に出すケースもあります。子供に話しかける時の態度や声のトーンが違うこともあり、子供に悲しい思いをさせるモラハラ姑もいるようです。

嫁のやることが気に入らない

世間に多いのが、「嫁のやることは何でも気にいらない」というモラハラ姑。ちょっとした料理の作り方や掃除のやり方まで、人それぞれのはずの家事の手順に口を出されるケースが続出しています。
口を出すだけなら姑も無意識かもしれませんが、嫁が掃除したのと同じところをもう一度掃除するなど、相手のやり方を否定するような行動に出る姑も。料理をふるまってもメニューが気にいらなければ、「うちの息子にこんなに高カロリーなものを食べさせているの?」と息子の健康を理由にして文句をつける姑もいるようです。

夫婦のことに口を出す

家をどこに建てるか、子供をいつ作るか…。これらは本来夫婦が話し合って決めることですが、モラハラ姑は夫婦の問題に過剰に口を出してきます。自分の息子だから、という意識があるのかもしれませんが、嫁にとってそんな姑の距離感のなさはストレスでしかありません。一度指摘して改善してくれれば良いですが、抗議を受けても干渉をやめないのは明らかにモラハラ姑のパターン。夫婦のことに口を出す姑は、連絡もなくいきなり家を訪ねてきたり、ノックもなく息子夫婦の寝室の扉をあけたりと、礼儀知らずな行動に出ることも多くあります。

一昔前は「嫁は姑に従うもの」という風潮があったため、ひょっとしたらあなたの義母も、不条理と感じながら姑の言うことに従っていたのかもしれません。姑は「自分も同じ思いをしてきたんだから」とあなたをいじめるのかもしれませんが、それはあなたの人格を傷つけて良い理由にはなりません。
もし、モラハラ姑の被害に遭っているのなら、自分の意見を話してみるか、それで駄目なら距離を置いてみるなど、対処法を考えましょう。嫁だからと、何もかも姑に従わなくてはならないということはありません。モラハラに遭った時は自分のことを第一に考え、時には逃げることも必要です。

モラハラ対策人気記事!

SPECIAL

  • 精神的な虐待でもある「モラハラ」とは?
    精神的な虐待でもある「モラハラ」とは?
    モラハラはもちろん許されることのない行為ですが、なかなか目に見えるような状態にならないため気づかないうちに深く傷つけられていることがあります。
  • 身近に潜む「職場モラハラ」の特徴
    身近に潜む「職場モラハラ」の特徴
    セクハラやパワハラは職場によくある問題として取り上げられますが、モラハラの問題も少なくありません。これはモラハラかもと思ったら、モラハラの特徴に当てはまるかどうか確認してみましょう。
  • 職場モラハラ対策には広い視野を持つべし!
    職場モラハラ対策には広い視野を持つべし!
    職場でのモラハラで悩んでいるのであれば、同様の被害を受けている味方となってくれる人を探してみることが最も効果的な対策になります。それでも難しければ退職も視野に入れましょう。