モラハラに負けない心構え

モラハラの難しいところはちょっとした洗脳のような面があることです。モラハラの加害者は相手が悪いと決めつけて攻撃しますので、ずっと被害を受けていると徐々に相手の言うことが当たり前のようになってしまい自分が悪いと考えてしまうことが多いです。このような傾向から、モラハラに打ち勝つにはまずモラハラを受けていると自覚をすることが大切です。そして対策としては強い覚悟を持って行動に移しましょう。そして一人で戦おうとせずに周囲の協力をもらうことも大切です。

モラハラに負けない心構え
  • モラハラ夫には強い覚悟を持つべし!

    モラハラ夫には強い覚悟を持つべし!

    モラハラ夫に対処をするにはまず相手の言っていることは正しいといった間違った考え方を捨てることから始めます。モラハラをする相手は様々な手段で自分の不都合や不遇を周囲のせいにします。これに対して相手の自分勝手な言い分を自分が悪いと責めてしまうことが良くないのです。まずは相手の言い分がおかしいということを理解して、自分が悪いという考えをやめましょう。その上で相手の自分勝手な言い分に付き合っていく必要はありませんので、強い覚悟で逃げるなどの対処を行いましょう。モラハラ夫には強い覚悟を持つべし!

  • 職場モラハラ対策には広い視野を持つべし!

    職場モラハラ対策には広い視野を持つべし!

    職場のモラハラ対策に最も効果的な方法は味方を作ることです。味方を作るにはまず自分はモラハラを受けていると自覚をすることから始めます。そして自分がモラハラを受けていると自覚できたら、次は同じような被害にあっている人を探しましょう。その人も自分と同じようにモラハラと気づけずに悩んでいるので、味方となってくれるはずです。しかし味方を作れない職場であることもあるかもしれません。その場合には退職も視野に入れて、その職場に縛られる必要はないと考えて楽になりましょう。職場モラハラ対策には広い視野を持つべし!

モラハラ対策人気記事!

SPECIAL

  • 精神的な虐待でもある「モラハラ」とは?
    精神的な虐待でもある「モラハラ」とは?
    モラハラはもちろん許されることのない行為ですが、なかなか目に見えるような状態にならないため気づかないうちに深く傷つけられていることがあります。
  • 身近に潜む「職場モラハラ」の特徴
    身近に潜む「職場モラハラ」の特徴
    セクハラやパワハラは職場によくある問題として取り上げられますが、モラハラの問題も少なくありません。これはモラハラかもと思ったら、モラハラの特徴に当てはまるかどうか確認してみましょう。
  • 職場モラハラ対策には広い視野を持つべし!
    職場モラハラ対策には広い視野を持つべし!
    職場でのモラハラで悩んでいるのであれば、同様の被害を受けている味方となってくれる人を探してみることが最も効果的な対策になります。それでも難しければ退職も視野に入れましょう。